ガタケット115 アニソンライブプラスワン イベントレポート
(2011年5月8日 開催)

HOME > 特集記事 > ガタケット115 アニソンライブプラスワン イベントレポート

今回は2011年5月8日(日)に開催された「ガタケット115」と同時開催「アニソンライブプラスワン」のイベントレポートをお送りします。

5月の連休最終日に行われたガタケットはたくさんの人で賑わいました。

また、同時開催された「アニソンライブプラスワン」では、大人も盛り上がる熱の入りようでした!

(2011年5月18日)


会場前はやや曇の多い空でしたが、徐々に回復し天候に恵まれた5月8日、「ガタケット115」開催日。朝から風が強くて朝からスタッフの方も外の様子が気になる様子が垣間見えました。

入口前には会場を待つ一般参加者の人の列。やっぱり同人誌即売会は人が集まるイベントの一つなんだなぁと感じる光景ですね。と考えているうちにガタケットのスタート。

カタログを見せて(入場に必要なんです。当日入場口でも購入できます。)場内に入って行く人達。中にはキャリーケースを持って入って行く人も。ほとんどがコスプレをされる人たちでした。

画像の説明を記入ください

   ▲ 開場を待つ参加者の列。

さて、場内の様子はというと・・・やっぱり人の波がすごいです。天気にも恵まれたこともありますが、3月に開催予定だった「ガタケット114」が東日本大震災発生に伴って中止となった事もあわさったのかなという感じも受けました。それを感じさせられたのが場内に掲げられた『新潟から元気を!!』と書かれた幕。

新潟にも被災された方々が避難されてきている事もあり、こういったイベントで少しでも元気に、また一人でも多くの笑顔が生まれるようにという想いを受けました。


時間が経つにつれて着替えを済ませたコスプレイヤーの人が場内にも目立つようになり、また撮影場所に移る人も増えてきました。あわせて壁際やエントランスに座って各々が買った同人誌を楽しむ人も多くなり、友達同士で会話をしながら読んでいる光景も多々。

そんな様子を見ると「ほんとに好きなんだなぁ」と感じるのと同時に「マンガは笑みを生む」とも実感する光景でした。

画像の説明を記入ください

▲同人誌を求めて場内を回る参加者の波

画像の説明を記入ください

▲「新潟から元気を!!」と掲げられた幕。地震の被災地へ元気を届けよう!

画像の説明を記入ください

▲コスプレ撮影会場に集まる人たち。中に混じって仮面ライダーの姿が♪クオリティ高い!!

時間が経つにつれて着替えを済ませたコスプレイヤーの人が場内にも目立つようになり、また撮影場所に移る人も増えてきました。あわせて壁際やエントランスに座って各々が買った同人誌を楽しむ人も多くなり、友達同士で会話をしながら読んでいる光景も多々。

そんな様子を見ると「ほんとに好きなんだなぁ」と感じるのと同時に「マンガは笑みを生む」とも実感する光景でした。

と、気づけば正午。場内に流れるお昼を伝えるアナウンス。

ガタケットのお昼を伝える時報(?)と言えば、、、そう!「宇宙大帝ゴッドシグマ」のテーマ曲『がんばれ!宇宙の戦士』♪

サビの部分に合わせてクラップをする人達。ガタケットでは恒例行事となっているこのパフォーマンスも楽しみの一つですね。


♪シグマ シグマ ゴッドシグマ(パン!パン!☆(*^人^*)☆ )


こういったかたちで参加者も一体になれるものはいい事だなと。これも新潟のイベントならではだなって思います。

その後も同人誌を楽しむ人、コスプレを楽しむ人がたくさん見られたガタケット。15時の閉会まで各々で楽しんでる光景が続きました。

ガタケット閉会後、場外に列をつくる人。今回ガタケットと同時開催となった「アニソンライブプラスワン」の開始を待っていた人達ですね!

 今回のゲストは特撮ヒーローシリーズやキン肉マンの主題歌などで今も現役で活躍する串田アキラさんと、「美少女戦士セーラームーン」「プリキュア」といった女の子に人気のある主題歌を歌うアップルパイ。

画像の説明を記入ください

▲ 開始前、ガタケット 坂田代表の挨拶。代表自身もとても楽しみにしていたようです☆

初めに登場したのは串田アキラさん。熱の入った声に大盛り上がりでスタートしたアニソンライブは大人子ども混じって楽しんでいる様子!(どちらかというと大人のほうが騒いでいる感じを受けました♪自分もその一人ですが(^_^;) )

その後、入れ替わりでアップルパイが登場。串田さんとは対照的に女性らしく歌う二人。メドレーを歌うなどしてオーディエンスを盛り上げていました。

合間にトークを交えながらお二方が入れ替わりで歌うという感じで続くライブ。

ふと周りに目をやると、後方に見えたのはガタケット代表の坂田さん。

満面の笑みで、一緒に歌う代表の様子からは楽しんでいる感じが滲み出ていました☆聞いたところによると、代表も今回のセットリストは全く分からなかったらしく、むしろそれがよかったのかもしれません。

画像の説明を記入ください

▲ 串田アキラさんの熱唱!終始手拍子が鳴っていました。

画像の説明を記入ください

▲ ポーズを決めるなどでオーディエンスを盛り上げるアップルパイさん。

ライブ途中、MCの発表で知らされたもう一人のゲスト。2月に開催された「にいがたアニメ・マンガフェスティバル2011」のライブイベントにも出演した石田燿子さんが急遽参戦!!オーディエンスは大盛り上がり♪そんな感じで、サプライズゲストも飛び出したアニソンライブプラスワン。“プラスワン”にはこういう意味もあったのかなと後で感じました。一緒に歌い、時には手拍子、時には拳を突き上げて楽しむ会場はまさにライブそのもの。ロックバンドなどのライブで見られる様子と変わらないアツさがそこにはありました!


そんなライブの途中、トークで言われた一言。


「特撮やアニメソングには夢がある。そして元気が出る!」


確かにそうかもしれない。分かりやすいからこそ、ストレートに届く歌詞は今だからこそ必要な言葉がたくさん詰まっている気がする。

個人的に期待をしていた串田アキラさんの「宇宙刑事ギャバン」の主題歌も聞けたライブ。

その曲にあるフレーズ、


“ギャバン あばよ涙 ギャバン よろしく勇気”


言い換えれば「泣いてばかりもいられない 勇気をもってがんばっていこう」って事になるのかなと。今回のガタケットの一つのスローガン「新潟から元気を!!」に合った曲じゃないんですかね。


画像の説明を記入ください

▲ サプライズで登場した石田燿子さん!MCで紹介された瞬間、会場に歓声が湧きました♪

最後まで熱の冷めないまま、終演に向かうライブ。終わってみれば約3時間に及ぶ公演でした。笑顔が絶えなかった今回のイベントから生まれた元気は、きっと何かの力を生んだはず。こういった雰囲気がいつまでも続くことを思いながら、会場を後にしまいた。


やっぱりマンガ・アニメは面白い!!

イベントレポートをお送りしました☆アニソンライブは盛り上がりましたね!!

今回は主催者のガタケット事務局 坂田代表にお話しも伺っております。

後日紹介しますので、そちらも是非ぜひ♪

にいがたマンガ大賞