画像の説明を記入ください

HOME > 特集記事 > コミックマーケット79 レポート

(2011年4月21日)


今回は2010年12月29日(水)~31日(金)に東京で開催された、同人誌即売会の大御所イベント『コミケット(コミックマーケット)79』へ行った際のレポートと

イベント概要などについての二部構成で紹介します。

まだ行ったことのない人に、少しでも雰囲気や規模の大きさが伝わればと思いますが・・・



会場はとにかく、人・人・人!!です!!!


ですが、行けばそこからもマンガやアニメへの関心の大きさを感じることができると思います。

(ちなみに私が参戦したのは、29日・30日の2日間でした。。。3日間制覇ならず・・・)

【第一部】現地レポート


画像の説明を記入ください

当日、現地は快晴で会場の東京ビッグサイトはたくさんの来場者でにぎわっていました。以前に何度か行ったことはありましたが、全て夏開催のコミックマーケット(通称:夏コミ)だったので冬開催(通称:冬コミ)に参加するのは今回が初めてでして・・・


初めに会場を一回りしてからじっくり見学をしようと思い足を運びました。

いざ、ビッグサイト会場内へ!



「冬の寒さなどどこ吹く風!?」と言わんばかりの人。相変わらずの盛況ぶりです!

今回は29日(水)、30日(木)の二日間を見て回りました。一日目・二日目はマンガ、アニメ、ゲームといったジャンルがメインの日でした。人の様子はというと出展者・来場者ともに女性が多く見られました。作品の傾向としては女性向けの作品(ボーイズラブ等)が多かった印象がありましたね。

天候も良かった事も関係し、時間を追うごとに増える人。徐々に移動も大変になっていきました。毎回一日で約15、6万人が来場するだけのことはあります!

また会場は東地区と西地区とで開催しているので、地区移動だけでもなかなかの距離になります。。。体力はある程度つけておくことをお勧めします(^_^;)

画像の説明を記入ください

▲場内に入るととにかく人!荷物、特に貴重品はしっかり管理

しましょう。 落としたりすると大変です(@_@;・・・

画像の説明を記入ください

▲ちなみにこれは開催2日目の会場を待つ人たち。中央に見える逆三角形あたりまで列が続くんです。

画像の説明を記入ください

▲毎度ながらやっぱり多いですね・・・中央に見えるマスクの方

は○ア少佐??・・・ぽい。

赤いし。でもMSってあんな乗り方しないですよね・・・(´・ω・`)

画像の説明を記入ください

▲当時、物議を醸していた東京都の都条例に関するサークルも出展。足を止めている人も多かったです。やっぱりみんな今後の行く末が気になるようです・・・

画像の説明を記入ください

西地区4階では企業ブースフロアも設けられていました。同人誌の即売会場にも同じ光景が見られますが、人気のサークルや企業ブースとなると長蛇の列が目立ちます!企業ブースで言うと今回は『京都アニメーション』(「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん!」等でおなじみですね)。両日ともに大盛況で人気の高さを実感☆他の人気企業ブースでも同じ光景がところどころで見られました。

特に人気のある人気ブースや作家になると屋外まで列が続く状況。人の多さはもうハンパないですね!


▲▲▲写真は同人誌サークルに並ぶ方々。写真切れてますけど、手前にはもっといるんです☆

画像の説明を記入ください

屋外コスプレ会場も広く設けられており、プレイヤー・見物人とも多くの人が集まっていました。当然ながらシャッター音が飛び交ってました☆


(写真以外にもう一箇所会場がありましたが、どちらもたくさんの人であふれていました♪)

両日を通して感じたことは、本当に「これが好き!」といった人が集まっているんだなという事と、それぞれ共通の好みをもった人通しの

交流がたくさん行われている光景があることはいいことだなという事です。

そこには笑顔で会話をする出展者・来場者がいて、そういった雰囲気が大事にされているイベントなんだなと思いました。

画像の説明を記入ください

そんなこんなで会場を後にしました。

次回は全日程通えるようにしようと思います☆

次は2011年8月12日(金)~14日(日)の3日間、会場は変わらず聖地・東京ビッグサイトで開催です!


(と、コミケに参加しながら、むか~~しにプレイした同人誌即売会を舞台にしたADV+SLGを思い出しました(^_^;) )


以上、イベントレポートをお送りしました。興味が湧いたら一度は足を運んでみてはいかがでしょう☆


では、後半はイベント概要や他ジャンルのイベントとの来場者比較などを紹介していきます。




【第二部】イベント概要



①会場施設:東京ビッグサイト(東展示棟・西展示棟使用)

■面積

東展示棟…1、3、4、6ホール:各8,670㎡

           2、5ホール:各8,350㎡

(東展示棟ホールは全て同人誌即売会場)


西展示棟…1階同人誌即売会場1、2ホール/各8,800㎡

4階企業ブース会場3、4ホール/3ホール 4,680㎡、 4ホール 6,840㎡


※参考)朱鷺メッセの各ホール面積(イベントに使用可能な見込みあるホール)

 ・ウェーブマーケット面積:7,800㎡

 ・スノーホール面積:1,133㎡

 ・マリンホール面積:649㎡

(MangAnimeナビ にいがた調べ)



会場は東展示棟と西展示棟の各ホールを同人誌即売および企業ブースとして使用している事に加え、屋外展示場・屋上展示場をコスプレ会場に使用して、ほぼ施設全体でイベントを行っています。また、交通機関も路線バス・水上バス・りんかい線・ゆりかもめがあり、移動も行いやすくなっています。

コミックマーケットは年2回、夏(8月お盆頃)と冬(年末頃)にそれぞれ3日間行われます。また、同人誌については日ごとで販売されるジャンルが異なります。出展サークルが変わるので、来場者は、各々の好きなジャンルの日や好きなサークルが出る日に合わせて来場することが可能です。(企業ブースの変更はほとんどありません)

3日間開催のうち、初日と二日目は女性の参加が多く、最終日は男性が多く来場されます。これは、初日・二日目が一般向けや女性向けの作品が多く出展され、三日目は男性向け(成人向け)作品を出展するサークルが多いことが関係しているようです。

画像の説明を記入ください

▲コミックマーケット開催時は、オリジナル飲料が自動販売機で販売されています。(夏:スポーツドリンク、冬:紅茶) 1本:200円(税込)

※作家さんによるオリジナルイラストが描かれています。手掛ける作家さんは毎年変わります。

③過去5年間の入場者数(約)


1日目2日目3日目3日間合計

前季と比較

2006年 夏 130,000 130,000 170,000 430,000

2006年 冬

 130,000 150,000 160,000 440,000

2007年 夏

 170,000 180,000 200,000 550,000+120,000

2007年 冬

 140,000 160,000 200,000 500,000+60,000

2008年 夏

 170,000 180,000 200,000 550,000±0

2008年 冬

 150,000 170,000 190,000 510,000+10,000

2009年 夏

 180,000 180,000 200,000 560,000+10,000

2009年 冬

 150,000 170,000 190,000 510,000±0

2010年 夏

 170,000 190,000 200,000 560,000±0

2010年 冬

 160,000 160,000 200,000 520,000+10,000

                                                      (出典:コミックマーケット準備会)

(ちなみに05年迄は夏は3日間、冬は2日間の開催でした)

夏の開催においては、2009年に過去最高となる約56万人が来場。冬は2010年に冬季最高の約52万人の来場がありました。

参考として、下記に他イベントでの来場者数を表にしてみました。


●参考資料 国内における他大型イベントの来場者数(2010年開催)

イベント名

ジャンル

会場

開催期間

総来場者数

ROCK IN JAPAN FES

音楽茨城:ひたちなか海浜公園 3日間 168,000

FUJI ROCK FESTIVAL

音楽新潟:苗場スキー場 3日間 115,000

東京ゲームショウ

ゲーム千葉:幕張メッセ 4日間 208,000

B-1グランプリ

料理神奈川:厚木中央公園 他2ヶ所 2日間 435,000

コミックマーケットの集客数と比べると、B‐1グランプリが平均で約21万5千人で上回っているものの、他イベントとの比較ではコミック

マーケットが圧倒的に多いです。

また、コミックマーケットは年々来場者が増えている傾向があって、それからも現在のマンガ・アニメへの関心の高さが伺えます。

以上、後半はイベントに関する調査情報をお送りしました。

今後もこういった他イベントとも絡めた内容をお送りできればと思っています。

にいがたマンガ大賞